創業助成などのお話をしていると、
女性、若者、シニア起業に対する支援という言葉が必ず出てきます。

経済産業省の政策として、
~女性・ 若者・シニア起業家の資金調達支援~
というものがあるからです。
そしてそこには、

・・・経済産業省では、女性や若者(35歳未満)、
シニア(55歳以上)の方であって・・・

としっかり若者とシニアの年齢の定義が記載されています。
50代後半の方は自分がシニア??と思う方もいるのでは?

ちなみにシニアという言葉の定義は、

年長者。上級生。上級者。
高齢者。「シニア住宅」
(出典 デジタル大辞泉)

だそうです。。。

割り切って受け入れられますか?